FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

橋本弘安先生のワークショップが開催されました

2月27日(水)に石正美術館創作室で、日本画家橋本弘安先生のワークショップ《故郷の和紙に故郷の絵の具で、今の思いを描こう》が開かれ、卒業を前にした三隅中学校3年生が参加しました。

今回使用される絵の具は、石正美術館の平坂館長が町内各所から採取した石、土、砂鉄、貝殻、古いレンガ等を、橋本先生に送り、先生が自らそれらの素材を細かな粒子の絵の具にしました。描く紙は地元産三椏100%の石州和紙。石州和紙会館の工房で、石州半紙技術者会のメンバーが協力して漉きあげました。絵の具が滲まないようにするドーサがひかれた和紙です。

IMG_4733_edited-1.jpg
(色見本・石州三椏紙)
左から、井野芦谷の砂鉄、大麻山山頂の赤土、芦谷たたら跡レンガ、古市場海岸レンガ


最初に橋本先生が「浜田市三隅の土・砂・石の色 ふるさとの色」と題して、スライドを使って、顔料(絵具)の成り立ちや、使用される絵具についてわかりやすく、解説されました。今回は、町内で採取した素材を絵具にしたもののほか、天然の岩絵の具 緑青(孔雀石・マラカイト)、水色(ラピスラズリ) 群青(アズライト)の三色も使うこと、この三色の原石はラッキーストーンであることなどを紹介されました。


IMG_4695.jpg


制作開始。

六つのグループに分かれ、思い思いに絵柄を描き込みました。自分の手形があったり、渦巻き文様があったり、三隅の素朴な色と天然岩絵具の青や緑が対比をなして、豊かな表情の作品がが生まれました。

IMG_47301.jpg



IMG_08691_edited-2.jpg
IMG_08681_edited-1.jpg
IMG_08661_edited-1.jpg
IMG_08711.jpg
IMG_08641_edited-4.jpg
IMG_0867-編集済み





その後、和紙の葉書に同じ材料を使って描き、一人一人が今の思いを込めたメッセージカードを作りました。


共同制作した作品は5月に開館する浜田市立三隅図書館の閲覧テーブルに使用されます。お楽しみに!



橋本弘安先生監修の「日本画材料資料集」ホームページ→http://www.asahi-net.or.jp/~yv9k-hsmt/



IMG_46922_edited-1.jpg
橋本弘安  はしもとこうあん
日本画家。昭和28年(1953年)大阪生まれ。東京藝術大学日本画専攻を卒業、伯父橋本明治に師事。昭和61年(1986年)より女子美術大学で日本画の教育・研究にあたり、現在は同校芸術学部長・教授。日展評議委員。平成2年(1990年)より、大半の顔料を天然物から自作で制作。岩絵の具研究の第一人者である。昭和61年に、伯父橋本明治の養子となり、本名は橋本信。雅号:弘安で作品を発表している。
スポンサーサイト

Pagination

Trackback

Trackback URL

http://aoiiwami.blog.fc2.com/tb.php/25-ffa01e66

Comment

Post Your Comment

コメント:登録フォーム
公開設定

Utility

プロフィール

碧い石見の芸術祭

Author:碧い石見の芸術祭

島根県浜田市三隅町で開催している“碧い石見の芸術祭”の情報をお知らせします。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。